>

通販でのリサイクルショップ利用をサポートするサイト

リサイクルショップ以外にもある便利な通販リユース

リサイクルショップ以外の通販リユース

リサイクルショップに限った話ではありませんが、インターネットやスマートフォンとそのアプリを介した通販の進歩は著しく、通販市場を席巻しており、リサイクルショップ以外の形での不用品のリユースも比較的容易になり、インターネットオークションやフリーマーケットアプリの出品基準や手数料の値下げもあって、不用品のリユースはリサイクルショップの専売特許ではなくなってしまいました。

インターネットオークションとフリーマーケットアプリの手軽さは特筆すべきものがあり、査定を介する必要がないこともあってか、現在でもシェアを伸ばしていますし、両者ともにスマートフォンの一部機能を使いこなす程度の知識があれば容易に利用できます。

売却価格だけで考えるならアプリが便利

インターネットを介した不用品のリユースのうち、メジャーなものとして挙げられるのは、通販リサイクルショップ・インターネットオークション・フリーマーケットアプリの三つで、通販リサイクルショップは査定を行うために資格を求められることから人件費等の関係上買い取り価格で劣り、インターネットオークションは高値が付く可能性こそあるもののスピードに欠け、フリーマーケットアプリは不用品自体への依存度と若年層が主要層であるため、ニーズを掴めないと不用品を売ることができないという欠点を持ちます。

いずれの通販リユースも、リユースの手段としての有効度の高さに否定の余地はありませんが、不用品の売却益だけで考えるなら、ハイブランド・アンティーク・プレミアのような値打ちもの以外の不用品にも価格が付く可能性があるフリーマーケットアプリが売却益の上げやすさにおいては勝るでしょう。


この記事をシェアする